農検2級模擬テスト

日本農業検定2級模擬テスト

問1誘引についての説明で、間違っているものは次のうちどれですか。
  1. 誘引は、茎が曲がらずに、まっすぐ上に成長することができるよう、また株どうしが絡み合わないようにするために行う。
  2. 誘引を行うことで、どの株にも均一に光が当たるようにすることができる。
  3. 誘引には必ず専用のひもを用い、ツルや茎を支柱に強く結びつけることが大切である。
  4. 誘引には、麻ひもやビニールタイなど、径が1~2mm程度のひもを利用すると便利である。
問1. 正解を見る
正解3
問2定植を行う場合の説明で、間違っているものは次のうちどれですか。
  1. 主に果菜類の場合、定植の1~2週間前にマルチングを行うと、地温が上がり根付きがよくなる。
  2. ジャガイモの種イモは、10mm以上芽が伸びたら植え付けの目安である。
  3. バケツの水の中に定植する苗をポットごと浸けた時、灌水した苗の根鉢から空気が出てこなくなったら、充分水分が回ったことを確認できる。
  4. ジャガイモの場合は、種イモから強く元気な芽を育てるため、浴光育芽を行う。
問2. 正解を見る
正解2
問3畑の土壌についての説明で間違っているものは次のうちどれですか。
  1. 団粒構造の土壌は単粒構造の土壌に比べて通気性、排水性などが優れている。
  2. 団粒構造の土壌は単粒構造の土壌と比べて、粒子の間が詰まっているので、保水性が高い。
  3. 作物の根が成長しやすい土壌は、固相、液相、気相が、およそ40%、30%、30%割合になっている。
  4. 作物の栽培に適した土壌は団粒構造の土壌である。
問3. 正解を見る
正解2
問4ホウレンソウについての説明で正しいものは次のうちどれですか
  1. 秋まきの場合は、収穫期に5~10℃の気温に7~14日さらすとおいしくなる。
  2. 街路灯の光でとう立ちすることもあるので、街路灯の直下や光が特に強い場合には、栽培を避けた方がいい。
  3. 現在市場に出回っている多くの品種は、西洋種で、とう立ちしにくく味もよい。
  4. 収穫後は、適度に乾燥するよう冷蔵庫に葉を下にして立てて保存するのがよい。
問4. 正解を見る
正解2
問5ダイコンの栽培作業の説明として正しいものは次のうちどれですか
  1. 食用部位は根ではなく胚軸が肥大したものである。
  2. 1ヶ所に4~5粒の種をまき、発芽後、子葉が開いたら子葉の形が変形しているものを間引きし、3~4株を残す。
  3. 土壌水分が急激に増えると「す入り」が起きやすくなる。
  4. 収穫後は葉をつけたまま保存すると長持ちする。
問5. 正解を見る
正解2
問6植物は葉の葉緑体の中で光合成を行っています。その作用について、正しく説明しているものは次のうちどれですか。
  1. 葉の気孔から吸収した二酸化炭素と根から吸収した水を原料に光エネルギーを利用して炭水化物を合成し、酸素を放出する。
  2. 葉の気孔から吸収した二酸化炭素と根から吸収した養分を原料に光エネルギーを利用して炭水化物を合成し、酸素を放出する。
  3. 葉の気孔から吸収した酸素と根から吸収した水を原料に光エネルギーを利用して炭水化物を合成し、二酸化炭素を放出する。
  4. 葉の気孔から吸収した二酸化炭素と根から吸収した水を原料に光エネルギーを利用してタンパク質を合成し、酸素を放出する。
問6. 正解を見る
正解1
問7都会の慌ただしい生活から解放されたいと感じ、都会に住む人達が週末などに山や川の自然や景観を求めて農村を訪れるようになり、農業を通じて人と人の交流の場が増えつつあります。これは、農業・農村の多面的機能のうち、どの機能になりますか。正しく説明しているものは次のうちどれですか。
  1. 国土の保全機能
  2. 自然環境の保全機能
  3. 保健休養機能
  4. 教育の場としての機能
問7. 正解を見る
正解3
問8農業・農村の多面的機能のうち、自然環境の保全機能の説明で、間違っているものは次のうちどれですか。
  1. 光合成によって大気中の二酸化炭素を減らし、代わりに酸素を出すのが、大気の浄化機能である。
  2. 農業が営まれることで、田畑の作物と農家の家屋、周辺の水辺や里山が一体となって美しい農村景観を形成することを景観形成保全機能と呼んでいる。
  3. 田畑の継続的な手入れにより豊かな生態系の二次的自然が形成され、多様な生物が生息している状態を自然多様性保全機能という。
  4. 田の水面からの水分の蒸発や作物の葉からの蒸散効果により空気が冷やされ、その空気は周辺市街地の気温上昇をおさえる効果があり、気候緩和機能と呼んでいる。
問8. 正解を見る
正解3
問9農業競争力強化プログラムの説明で、該当しないものは次のうちどれですか。
  1. 日本の優れた農産物の輸出体制の整備
  2. 農村における雇用の創出
  3. 肥料、農薬等、生産資材の流通の拡大
  4. 飼料用米の推進
問9. 正解を見る
正解3
問10生態系における物質循環の説明で、間違っているものは次のうちどれですか。
  1. 植物は大気中の二酸化炭素と地中の水分や養分を吸収し、葉緑体の中で太陽の光エネルギーを使ってでんぷんなどの有機物を作り出し、酸素を大気中に放出している。
  2. 動物は植物のように有機物を作り出す光合成のような働きは持っていないので、植物の有機物を手に入れて自分の有機物をつくりだしている。
  3. 土壌中の微生物は落葉などの有機物を無機物に分解する。その無機物を植物が吸収し、有機物を作り出している。
  4. 動物の排泄物は微生物によって有機物に分解されその有機物を再び植物が吸収し、植物体の無機物に作り変えている。
問10. 正解を見る
正解4
問11オゾン層についての説明で、正しいものは次のうちどれですか。
  1. オゾン層は地表から約25㎞付近にある成層圏に存在し、太陽光に含まれる赤外線が地上に届かない様に防いでいる。
  2. オゾン層の中で層の厚さが極端に薄い部分をオゾンホールという。
  3. オゾンホールが拡大すると地球上に届く赤外線が増え、地球が温暖化する。
  4. 太陽光に含まれる紫外線のほとんどは、オゾン層を通過して地球上に届いているので、健康被害を防ぐため紫外線を浴びないよう注意する必要がある。
問11. 正解を見る
正解2
問12「生物多様性に関する条約」の目的についての説明で、間違っているものは次のうちどれですか。
  1. 希少な野生動物の種が不法に輸入されることのないように保護すること。
  2. 生物資源を持続可能であるように利用すること。
  3. 地球上の多様な生物をその生息環境とともに保全すること。
  4. 遺伝資源の利用から生ずる利益を公正かつ衡平に配分すること。
問12. 正解を見る
正解1
問13「栄養機能食品」と「特定保健用食品」についての説明で、正しいものは次のうちどれですか。
  1. 栄養機能食品は「おなかの調子を整える」などの効果が期待できることが認められた食品のこと。
  2. 栄養機能食品は厚生労働大臣が許可した食品で、許可された食品には許可証書がつけられる。
  3. 特定保健用食品は、通常の食生活を行うことが難しく、1日に必要な栄養分が摂れない場合に、その栄養分を補給・補完するために利用する食品のこと。
  4. 特定保健用食品は、消費者庁長官許可した食品で、許可された食品には許可書がつけられる。
問13. 正解を見る
正解4
問14食品保存の説明で、間違っているものは次のうちどれですか。
  1. 未開封のレトルト食品は年間を通じて常温での保存が可能である。
  2. 冷凍保存は、食品を-18℃以下で保存する方法のことである。
  3. 冷蔵保存は食品を0℃~1℃で保存する方法のことである。
  4. 微生物の増殖によって、人の役に立つ食べ物を生み出すことを発酵といい、干し野菜は発酵食品のひとつである。
問14. 正解を見る
正解4
問15食材や食品がどこで生産され、どのような加工や流通を経て来たかを確認出来るシステムのことを何と言いますか、正しいものは次のうちどれですか。
  1. フードマイレージ
  2. トレーサビリティ
  3. グリーンコンシューム
  4. フードイノベーション
問15. 正解を見る
正解2
全問の解答をまとめて表示

問1 誘引についての説明で、間違っているものは次のうちどれですか。
3:誘引には必ず専用のひもを用い、ツルや茎を支柱に強く結びつけることが大切である。

問2 定植を行う場合の説明で、間違っているものは次のうちどれですか。
2:ジャガイモの種イモは、10mm以上芽が伸びたら植え付けの目安である。

問3 畑の土壌についての説明で間違っているものは次のうちどれですか。
2:団粒構造の土壌は単粒構造の土壌と比べて、粒子の間が詰まっているので、保水性が高い。

問4 ホウレンソウについての説明で正しいものは次のうちどれですか。
2:街路灯の光でとう立ちすることもあるので、街路灯の直下や光が特に強い場合には、栽培を避けた方がいい。

問5 ダイコンの栽培作業の説明として正しいものは次のうちどれですか。
2:1ヶ所に4~5粒の種をまき、発芽後、子葉が開いたら子葉の形が変形しているものを間引きし、3~4株を残す。

問6 植物は葉の葉緑体の中で光合成を行っています。その作用について、正しく説明しているものは次のうちどれですか。
1:葉の気孔から吸収した二酸化炭素と根から吸収した水を原料に光エネルギーを利用して炭水化物を合成し、酸素を放出する。

問7 都会の慌ただしい生活から解放されたいと感じ、都会に住む人達が週末などに山や川の自然や景観を求めて農村を訪れるようになり、農業を通じて人と人の交流の場が増えつつあります。これは、農業・農村の多面的機能のうち、どの機能になりますか。正しく説明しているものは次のうちどれですか。
3:保健休養機能

問8 農業・農村の多面的機能のうち、自然環境の保全機能の説明で、間違っているものは次のうちどれですか。
3:田畑の継続的な手入れにより豊かな生態系の二次的自然が形成され、多様な生物が生息している状態を自然多様性保全機能という。

問9 農業競争力強化プログラムの説明で、該当しないものは次のうちどれですか。
3:肥料、農薬等、生産資材の流通の拡大

問10 生態系における物質循環の説明で、間違っているものは次のうちどれですか。
4:動物の排泄物は微生物によって有機物に分解されその有機物を再び植物が吸収し、植物体の無機物に作り変えている。

問11 オゾン層についての説明で、正しいものは次のうちどれですか。
2:オゾン層の中で層の厚さが極端に薄い部分をオゾンホールという。

問12 「生物多様性に関する条約」の目的についての説明で、間違っているものは次のうちどれですか。
1:希少な野生動物の種が不法に輸入されることのないように保護すること。

問13 「栄養機能食品」と「特定保健用食品」についての説明で、正しいものは次のうちどれですか。
4:特定保健用食品は、消費者庁長官許可した食品で、許可された食品には許可書がつけられる。

問14 食品保存の説明で、間違っているものは次のうちどれですか。
4:微生物の増殖によって、人の役に立つ食べ物を生み出すことを発酵といい、干し野菜は発酵食品のひとつである。

問15 食材や食品がどこで生産され、どのような加工や流通を経て来たかを確認出来るシステムのことを何と言いますか、正しいものは次のうちどれですか。
2:トレーサビリティ

ページ先頭へ